カップル

思い出に残る婚約指輪がほしいなら手作りしよう

結婚指輪を購入する

リング

他のカップルとは違った特別な結婚指輪にしたいと望んでいるカップルにおすすめできるのが、ハワイアンジュエリーの指輪です。東京にはハワイアンジュエリーの専門店がたくさんあり、結婚を間近に控えたカップルが大勢来店しています。

詳細へ

変遷する意味合い

男性女性

婚約指輪はもともと政略結婚の証として使われてきました。起源は古代ギリシャにまでさかのぼります。それが時代をが進むつれて永遠に愛し続けることを約束するものになりました。素材としてはプラチナが選ばれることが多いです。

詳細へ

トレンドの発信地で選ぶ

結婚

国内外のジュエリーショップが集まる銀座は、お店巡りだけでも疲れてしまうほどです。デートプランに組み込んで、楽しみながら婚約指輪を選ぶようにしましょう。銀座は各ブランドの本店が集まるので豊富な品揃えと限定品が買えます。

詳細へ

自分達で記念に残る指輪を

指輪

近年では、婚約が決まったときに店舗で選んだ婚約指輪を購入するより、自分達で製作する手作りの婚約指輪を求める方が増えています。理由として、世界に二つとないオリジナルの婚約指輪でもあり、製作することで心の込められた大切な指輪となるからです。この婚約指輪を手作りするなら、製作できる店舗を探すことが必要になってきます。店舗によっては、受け付けてくれる1日のカップル数や価格、制作期間、自分達がこなす制作工程など様々なのです。そこで、ネットを使って手作りができる店舗を探し出し、自分達の希望条件のあうところを利用するようにしましょう。そして、もう一つのメリットとして価格の安さがあり、婚約指輪の購入平均額33万円より低価格で制作できるのも魅力的な部分です。安いからといっても価値がないわけではなく、手作りすることで思い出が深まり、一生忘れられない大切なアイテムとして残る大きなメリットが残るでしょう。

婚約指輪の手作りには、価格に合わせて素材を選べることができるのも魅力で、肌質や素材の太さも考慮できるところが素晴らしい点です。また、重要となる婚約指輪の中心の宝石も、店舗によっては様々な宝石の種類や大きさを選べるようになっています。このようなオリジナルの婚約指輪を制作する場合、一から制作完成まですべてをこなす必要はありません。特に、金属を型に流す行程の鋳造や研磨といった作業には、技術と経験、知識が必要で熟練の職人がこなせる技でもあり、この部分は職人に任せることになるのです。そして、わからない・できない部分は職人に任せることもできるので、初心者でも簡単に制作できるのが特徴であります。もちろん、デザインの相談や本番前の練習もしっかりできるので、安心して依頼できるようになっているのです。このような特徴を備えているので、ぜひ婚約指輪の手作りを経験してみることをおすすめします。